2月から半年くらいで世界一周してきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なおこ
 
[スポンサー広告
ポカラ観光
最近ブログ書く時間は十分にあるのに、何かめんどくさくてサボっていました(^_^;)
グライダー以外のポカラ観光をサクッとまとめます。


ここでもいい出会いがあって、レストランで働いてたネパール人の男の子がいろんなところを案内してくれた。

湖でボート乗ったり


不思議な形の滝に連れて行ってくれたり(穴から水が吹き出してくる感じの変わった滝)、
鍾乳洞みたいな洞窟行ったり


夜は彼の働くレストランでネパール人たちのダンシングナイトを見たり


はたまた別の日はレンタサイクルでずいぶんローカルな道を汗だらだら垂らしながら本気で走ったり


毎日同じおばちゃん食堂に通ったり

……とのんびりながらも色々と楽しめた気がする。


かわいい少年。


歯がないおじいちゃんとすでに立派なケツあごの貫禄ある子ども。


ナイスダイブ!!!


町全体がのんびりしていて、なかなかいいところでした☆

早く次の記事も書かなきゃっ(´Д` )
Posted by なおこ
comment:0   trackback:0
[ネパール
紅の豚
知ってる人もいるかと思いますが、わたしはバンジージャンプとかパラグライダーとか気球とかキャニオニングとか…そういう体験モノが大好きなんです。
ここポカラでもパラグライダーができるって聞いてて高いとは思いつつやりたいな~と思っていました。
そしたら宿の人がパラグライダーは低い丘の周辺しか飛ばなくて雨期の今ヒマラヤは雲に隠れて見えないけど、モーター付きのグライダーなら雲を超えてヒマラヤのそばまで行くよって教えてくれたので、もちろん料金はさらに高いけどやることに決定☆
しかも高所恐怖症の井上氏までやるという!


4:45起床というマチュピチュぶりじゃないかという4時代の早起きをして、いざポカラ空港へ。
一般の飛行機が降り立つ空港をつかうらしいよ。ビックリ。


こういうハンググライダーとヘリコプターが合体したみたいなやつに乗ります。


ヘルメットと服を借りて準備OK!


いざテイクオフ!興奮する~っ!!
雲海を抜けると…


さっそく目の前にどどーんとヒマラヤ!
すごいー!カッコいい!!


眼下に見える家々も山々もまるでジオラマみたい。
たのしいーーー☆


井上機とヒマラヤ。
いやー気分はすっかり紅の豚☆

何度かヒマラヤの方へ行ったり来たりを繰り返してるうちにあっという間に30分がたってしまいました。


名残惜しいまま飛行場にランディングです。
あー面白かった!!
井上氏は相当怖かったらしいけど、一応たのしかったそうです。
雲に触れてうれしかったらしい。


今の時期はちょうど雨期で雲が覆いかぶさってヒマラヤはなかなか拝めないそう。
しかもこのグライダーツアーも雨期のためこの2日後からしばらく休業。
私たちが行った次の日は天気が悪くて飛んだとしてもキレイには見えなかったし。
ということで実質ヒマラヤを間近でキレイに見れる最後の日に飛べた私たち。
最近何だかツイてる気がするな~



空港からの帰り道にもちょっと見れた☆
ラッキー♪


次の目標はいつかスカイダイビング。
やりたい人いたら声かけてねー!
Posted by なおこ
comment:6   trackback:1
[ネパール
過酷
インドからネパールへ。
この移動が今までで一番辛いものになりました…


インドのバラナシからネパールのポカラへの移動はバスで2日がかり。
予定としては、まず1日目に10時間くらいかけて国境の町スノウリってところまで。
そこで1泊して、2日目にまた8時間くらいかけてポカラまでっていうルート。
でね、バスと宿がセットになったツーリスト向けのツーリストバスのチケットをちゃんと旅行会社で申し込んだわけ。
一応、過去の旅人のブログで「ツーリストバスって言ってるくせに超ポンコツのローカルバスだった!怒」っていうのを読んだことあったからそれなりに覚悟はしてたんです。
でも!でもでも!!
現れたのはそんな予想を遥かに超えた超ーーーオンボロポンコツローカルバスでした。

この酷暑の中、エアコンはおろか扇風機さえ付いてないし、おかげで窓もドアも開けっ放しだから埃入り放題だし、イスはかったくてリクライニングなんてもちろん付いてないし。

そんな中を次から次へとインド人がギャーギャー言いながら乗ったり降りたりを永遠に繰り返し…

十何時間、ずっとこの状態…笑
(写真を上手く撮る気力がなかったので、これで伝わるかわかりませんが)


しかも超ローカルバスだからか、なぜか40分に1度くらいのペースで路肩に止まって20分くらいの休憩を挟むんだよね。
その度にインド人たちはわらわらと出て行って屋台のスナックを買いに行ったりする。
この休憩さえなければあと数時間はタイム縮められたんじゃないかって思うよ。
結局お尻の激痛に耐えながら国境の町に着いたのは、予定よりも4時間遅れて出発から14時間後。
次の日も同じ状況に耐え抜き、ようやくネパールに到着です。
はぁー何が辛いっていくらお金だしても選択肢がこのバスしかないってこと。

何とか無事入国。エベレストのスタンプがかわいい♪


ネパールに入国した途端に日本人っぽい顔の人が一気に増えた。
彼らはチベット系の人たちらしい。

ガツガツ、ギラギラしてたインド人に対して、ネパール人は声かけてきても全然しつこくない。
車のクラクションでうるさくない。
インドの犬はみんな限界まで痩せ細ってかわいそうなくらいだったけど、ネパールの犬は健康的だし毛並みもいいし、ちゃんと大事に飼われてる感じ。
道を歩く牛たちもキレイめでかわいい。(気がする)
のびのびできる~

こう書くとインド嫌いだったみたいに聞こえるけど、そんなことないよ。笑
インドはインドで面白かったから。



またデリーに戻るまで、ここネパールでしばしゆっくりしようと思います☆

湖のほとりでのんびり~
Posted by なおこ
comment:0   trackback:0
[ネパール
インド総集編

空港の椅子にまで余裕が溢れてるフィンランドからつぎに向かったのは…



……THE 混沌、インド!!!

ものすごい落差です(笑)

聞いてたとおり、そこらじゅうに野良牛がゴロゴロしてるし、道もフンだらけ。
といっても、本当に混沌なところは足元に気をつけてないといけなくて写真撮る余裕なんてないから、写真がないんだけど(^_^;)


インドでは食べ物にとても警戒して気をつけていたのに、見事にインドの洗礼受けました。
下痢、悪寒、発熱、嘔吐(1回だけだけど)と諸症状のオンパレードの一日を過ごし、その辺りから写真撮るのもブログ書くのもどーでもよくなってしまったので、インドのブログはこの総集編でまとめたいと思います。
詳しくは井上氏のブログで。
いつも手抜きですみません。



タージマハル。


人気のポーズ。先っぽをつまむらしい。


色とりどり。インドの衣装はステキ。


アグラ城。このあたりから体調を崩し始めて数時間後にリタイア。
ちなみにここでは芸能人ばりにしゃしんを求められて超売れっ子でした。


子どもや女性は親しみやすくかわいい。


ヘナタトゥーもやってもらった。
で、ボラれた。


ガンジス川の朝日。
このボートもボラれた。


川には本当に死体が流れてた。


たのしそう♪わたしは絶対ムリだけど。


儀式を見たり。


カレーが美味しかったことが何よりもの支え。

という感じの暑い暑い10日間でした。
たぶん実際に外に出た時間はその6分の1くらいだったと思うけど。
夕方18時まではいつも宿でへばってた。
それくらい暑かった…


インドは「大好き」と「大嫌い」真っ二つに分かれるって聞いてたけど、私はどちらでもないかも。
ちょっとずつイライラさせるインド人は何人もいたけど、聞いてたほどひどい人には会わなかったし。
けど逆にそれがなかったからこそ「キィーっ!!インドまじムカつくー!でも憎めないー。あーやっぱ気になるー。いつのまにかインド大好き」ってことにもならなかったんだと思う。

でもいつか南インドには行ってみたいかなって思う。

では次はネパールでほのぼのしまーす♪
Posted by なおこ
comment:4   trackback:0
[インド
ムーミンワールド♪
フィンランドといえばムーミン☆

ムーミンの原作もアニメも特に見たことないけど、楽しそうだから行ってきた!
ヘルシンキから電車と徒歩とバスで4時間くらいのナーンタリってところにムーミンワールドはあります。


ナーンタリの市内からムーミントレインが出ている(らしい)。見かけなかったけどな。


いよいよ入場!
警官役の女の子がピースしてくれてる。
「カワイイ」って言葉もわかってた。
日本人が多いんだろうね。


中にはムーミンの世界を再現したいろんな建物があります。

まずメインのムーミンハウス(と警官役)


こちらはムーミン一家のダイニングルーム。
他にも寝室とかパパの書斎とかムーミンの部屋とかいろいろ…
細部までこだわってます。


ムーミンハウスの前にはママとフローレン(だっけ?)がいたー!!


ママと2ショット☆


ミイもいたよ!
ミイを前に照れる女の子たち。かわいいな~


スナフキンのテントもあったけど、残念ながらこのときは不在。


でもそのあと会えた!ずいぶんイメージ違うけど(笑)


誰かさん。


フライパン野郎(って呼んでたけど本名知らず)


魔女。彼女が一番役になりきってた。

他にも赤い服のひょろっとした人とか(誰?笑)いたよ。




ムーミンワールドにはやはり家族連れが多く、ここでもピクニックみたいに芝生に座ってのんびり過ごしてる人がいっぱいいた。


敷地内に海水浴場もあって大にぎわい。
水はきれいではなかった気がするけど、夏が短いフィンランドの人たちにとってはそんなことはどーでもいいのかも。


劇場では1時間に一回ムーミンたちのショーも観れます。
最初に観た回はあまりに破天荒な内容で理解に苦しんだ(笑)
でも最後帰り際に観たのは、ちゃんとストーリー仕立てになっててわかりやすかった。


ショーもそうだけど、ムーミンワールドは全体的にゆるいです、とっても。
作りとしてはディズニーランドのトゥーンタウンみたいな感じなんだけど、意気込みが全く違う。非常にゆるい…(笑)
でもそこがフィンランドらしいというか、ムーミンらしい感じで微笑ましいテーマパークでした♪


私はムーミン全然知らないけど、ムーミンの世界がわかってたらもっと楽しめるだろうな。
原作はアニメとは違ってもっと暗めの大人な感じらしいので、帰ったら読んでみたいと思います。



は~今日も暑かった。頑張ってヘルシンキまで帰ります。
Posted by なおこ
comment:5   trackback:0
[フィンランド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。