2月から半年くらいで世界一周してきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なおこ
 
[スポンサー広告
まるでニッポン
イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルにまたがっているんだけど、そのブラジル側に行ったらパラグアイも目と鼻の先。

しかもパラグアイには世界で1番新しい日本人移住区があるらしく、そこには日本さながらの光景が広がっているということで行ってきましたよ。


ブラジルとパラグアイを繋ぐ「友情の橋」というものはそれはそれは自由な国境。
普通にバスに乗ってたら入国審査とかなしで遠くまで連れて行かれるからね。ビックリ。
ここに住んでる人たちはこれでいいんだろうけど、私たちは旅行者なのでパスポートにスタンプがないとのちのちアルゼンチンで問題になるので、わざわざきた道を歩いて戻ります。
でもそこでの審査もほんとテキトー(笑)
書類なんてまず無いし、簡単な質問すらされない。
たいしてパスポートを見ることもなくスタンプをポンっと。
緩すぎだろ~。



そんな国境を超えてバスに乗ること約1時間。

こんな赤土の道を進みます。
この赤土と緑のコラボレーションに気分が盛り上がるっ!




ここイグアス移住区にも「ペンション園田」っていう有名な日本人宿があります。

そしてなんとこの日はペンション園田の4周年記念パーティー☆
「今日来るなんて運がいいですね」なんて言われて「え?何でですか?」とかしらばっくれてた私たちですが、実は過去のブログを読んで「もしかして今日パーティーなんじゃないの!?」と密かに期待してました(笑)
もちろんそれに合うようにわざわざ日程調整したわけじゃないよ(苦笑)





パーティーのメニューはパラグアイ式BBQ。


芋掘りについていってみたり



鳥のハツを串に刺したり、と
ちょっとだけお手伝いしました。


肝心のパーティー中の写真はほぼ撮ってないんだけど、移住区中の方々がお祝いにきて盛大なパーティーになりました。


ここの二世の人たちは私たちと同年代の人が多いんだけど、何よりビックリしたのがその日本語のレベル!
何て言うかもう、本当に普通にその辺にいる日本の若者みたいにしゃべるの。
冗談言い合ったりとか、それはそれは普通に。
パラグアイで生まれ育ったら、いくら日本語がうまくてもすこーしくらい訛りとかあるんじゃないかって思ったけど、とんでもないです。
日本で友達のお宅にお邪魔してBBQしてるような錯角に陥ったよ。





別の日には


宿のスタッフお客さんみんなで卓球とか。
皆さん強すぎ、そして本気すぎ(笑)
とてもじゃないけど「昔卓球部でした」とか言えないよ。バラされたけどさ。



それでもなんとか大事な賭けをした試合には勝利!





そして次の日

みんなで行ったラーメン屋さんで餃子おごってもらえました♪



おばさまがたが作るこのラーメンがおいしい。

ここで手作りしてるあずきバーとマンゴーアイスもおいしい。




他にも豆腐を買って冷や奴食べたり、
宿のお隣のお弁当屋さんでカツカレー買ったり、
さらにはそのお弁当屋さんに無理言って手作り甜麺醤を恵んでもらってキュウリにつけて食べたり…

非常に日本的な食生活の3日間でした。



町の中にある農協にはいろーんな日本の商品が売ってる。






ほとんどの時間を昼寝、マンガ、ネットサーフィンでダラダラ過ごしたこの3日間。
おばあちゃんちでの夏休みみたいで楽しかった~
ペン園の皆様、お世話になりました。
スポンサーサイト
Posted by なおこ
comment:2   trackback:0
[パラグアイ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。