2月から半年くらいで世界一周してきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なおこ
 
[スポンサー広告
海鮮とアートとゴロゴロな日
続きましてビーニャ・デル・マルという港町へ。
ここは日本で言えば熱海みたいな感じらしい。
夏は海水浴で賑わう感じ?
前回ブログに書いたJulioとAlejandraも新婚旅行で来たって言ってたな。
まあ、旅行者にとっては特に見所ない街なんだけど、多くの日本人旅行者がここにやってくる。
そのお目当ては『汐見荘』っていう日本人宿。
世界一周してる人のブログみてるとだいたい出てきます。
近くの市場で新鮮な魚介類をたくさん仕入れて料理して、宿にたくさんあるマンガや本を読んでグダグダ過ごすのが定番コースらしい。



にゃんこがお出迎え。カワイイ?



宿から市場までは歩いて30分と結構遠いけど、みんな新鮮な魚介類を求めて早起きして向かうのです。



その場でのホタテの貝を開けてくれたりする。



持参したしょうゆを垂らしてそのままパクリッ!激うま~



市場のはずれにオットセイの大群。
いすぎて気持ち悪い…



帰ったらみんなで料理。



ウニと蟹を贅沢に使ったチャーハン。美味~


他にもいろんな貝のワイン蒸し、ウニのクリームスパゲティ、海鮮ぞうすい、なめろう、手作り揚げかまetc...
ここぞとばかりに海鮮をいただきました♪
(注:自分で作ったわけじゃない)
料理上手な人が揃っててよかった~



こんなかんじで。みんなでシェアして食べる。『シェア飯』というらしい。




次の日は隣町のバルパライソへ。
ここバルパライソは壁画が有名で世界遺産にもなってます。



階段全部がアート。



近くで見るとスゴイ!細かい!


以下、アートの数々。












いろいろ見て満足してたけど、宿に帰って他の人から話を聞くと、なんと!!
私たちが見たのの他にもっと有名な人たちが描いた作品がいくつもあったらしい…
なぜか私たちはこういうことが多い。
でもまあ、十分満足したから良しっ!
バルパライソ別にそれほどでもないっていう声も聞いたんだけど、私的にはすごく楽しかったー!!



工房の男たち。
チリの人はホント陽気。チリ人だいすき☆


あったかいのんびりした日々はここまで。
あ~もっとゴロゴロしたかった~


ダラダラ最高~
スポンサーサイト
Posted by なおこ
comment:0   trackback:0
[チリ
Mis amigos Chilenos
アタカマから24時間のバスに乗って次に向かうは、チリの首都サンティアゴ。

このときまだ24時間ぶっつづけでバスに乗るなんて未知の世界だったから大丈夫かなー?と心配したけど、全く問題なしでした。

午後2時くらいに出発だったんだけど、「いま寝たら夜寝れなくなるから起きてよう」って言ってるそばから爆睡。
夕方に一度起きたけど、その後すぐ寝て気づいたらいつのまにか朝。
でも、またすぐ寝る…
っていう感じで爆睡のまま到着。
結果、24時間中20時間は爆睡という快挙を成し遂げました!
しかも2人とも☆
たくましい!!


バスで会ったアメリカ在住の日本人トシさん、69歳。
お一人で南米旅行中だそうな。スゴイ。



さてさて、サンティアゴは都会です。


広場でチェスに興じるおじさんたち。
みんな仕事しないのかな??



やってみた。



適当にあしらわれる図。



で、サンティアゴでの一つの目的として、ペルーでお世話になったチリ人ファミリーに再会するっていうのがありました。

わりと急な連絡になってしまったんだけど、仕事の都合付けてみんなが集まってくれた。
それだけですごく嬉しい☆
連れて行ってくれた先は、この旅初めてのステキなレストラン。



イチゴの入ったフルーティーなワインで乾杯☆



JulioとAlejandra、新婚夫婦



Alejandraの弟、Carlos



その友達、Juvenal


レストランでたらふく食べたあとは、JulioとAlejandraのマンションへお宅訪問。


ステキなおうちだったよ☆



二人の結婚写真(アンティーク風)ステキ~♪



みんなでウノやったり。


そして最後にテキーラ一気大会。
なんかとっても楽しい夜だったな~♪


彼らはみんな英語を話さなくて、Julioがちょこっとしゃべるだけ。
だからコミュニケーションは必然的にスペイン語になるから、おそらく2割くらいしか意思疎通できてなかったと思う(^_^;)
普通あんなに通じなかったら、めんどくさくなってしゃべるのやめると思んだけど、彼らはずーっと気遣いながら楽しませてくれた。
本当に優しい人たちだった。
たぶんチリが大好きになったのもこのチリファミリーのおかげだな。


まあ、このままいい思い出で終わればよかったんだけど、調子に乗って慣れない強いお酒をたくさん飲んだあたしたちは、帰る頃には気持ち悪さMAXに。

みんなで帰るタクシーの中で吐きそうになる井上さんを「いい思い出にするためにまだ吐くなー!こらえろー!」と何とか制し、宿に帰った途端に2人でトイレへ直行。
ひさびさのごちそうは全て水に流れていきました…



Queridos mis amigos,

Muchas muchas gracias por todos!
Es mi feliz conocerlos.
Hasta la vista!!
Posted by なおこ
comment:0   trackback:0
[チリ
リゾートでだらだら
ボリビアの次はチリへ。
最初の街は、国境近くのサンペドロ・デ・アタカマっていう砂漠の中のリゾート地。



この街、ただの通過点としか思ってなかったんだけど、想像以上に居心地がよく、ステキな街。
雰囲気としてはイースター島にちょっと似てるかな。


とにかくまあ、お隣りのボリビアからちょっと車を走らせただけなのに、あらゆるもののレベルが違いすぎる!

街の通りがおしゃれ。
レストランの看板がおしゃれ。
メニューがおしゃれ。
人々がおっされー。


ボリビアから来た私たちにとって全てが洗練されていて、キラキラしてるー
(その分、全ての値段も跳ね上がるんだけど。宿代なんてボリビアの2、3倍!!)



見よ、この余裕のある佇まい!



ボリビアにはこんなメニューなかった!



お店も内装もカワイイよー



なんでボリビアはこうならないのか?と終始疑問…
いや、ボリビアはボリビアで楽しかったんだけど、何かが少し変わればボリビアの生活水準も上がるはずなのに…って考えずにはいられない。


ペルー、ボリビアと旅してきて、道中出会ったチリ人はほんとみんないい人だったから
『チリ人=いい人』っていう公式がほぼ出来上がってたんだけど、
チリに入国してその公式は証明されました!!


日本で地震があった直後だったから特にだったのかもしれないけど、みんな気にかけてくれるし。
いっしょの宿に泊まってた子なんて、時間間違えてバスに乗り遅れたんだけど、その場に居合わせたチリ人が「返金してもらえるかもしれない!」って言ってバス会社に抗議しに行ってくれたし。

とにかくチリ人いい人☆

日本にいるときはチリは特に何の印象もなかったけど、一気に大好きな国になりました♪



アイスうまーーー
Posted by なおこ
comment:2   trackback:0
[チリ
イースター島 出会い編
前回の最後の写真。
一箇所だけ変なところがありますってことでしたが…


正解は…




真ん中にバカ殿がいるってことでした。
ブログ上でははっきり見えないかな?
私のiPhoneで拡大してみるとホント不自然でいつみても笑えるんだよね。


これはイースター島に昔からいるラパヌイって人たちがするボディペイントなんだけど、今はお祭りの時しかやらないみたい。

私たちの到着前日までやってたタパティっていう年に一度のお祭りでは、島民も観光客もみんなペイントしてほぼ全裸みたいな格好で町を練り歩くらしい。

私たちは念願のそのタパティに参加できなかったから、「どこかでボディペイントしてくれるとこあったらいいのに…」って言ってたんだ。


そしたら!!


朝日で有名なモアイを見にきてたら、そのすぐそばに焚き火をしている怪しいラパヌイがいたっ!



彼は洞穴の近くで、体にペイントしたり、腰に巻きつける飾りを作ったりしていた。
しかもたった一人で。

「私たちもタパティに参加したかったんだー」って言ったら、「NO!毎日がタパティだ!」と彼。

「家族はいるの?」って聞いたら「モアイが家族だ!」と彼。

洞穴を指差して「ここがお家?」って聞いたら「俺の家はトンガリキ(ここのモアイがある周辺一帯)だ!」と…


うん。ちょっと変わった彼だった。
すごいいい人だったけどね!


そんなこんなで彼に興味を示していたら、私たちにペイントしてくれることになったんです!


まずはこんな風に髪をちょんまげ風に結んで



つぎにペイント。
ホントはこの前に赤土と鶏の血を混ぜたお風呂に入って、肌を赤くしてから色んなペイントをするっぽい。


で…



出来上がり!!!

どうだ!


まさかペイントできると思わなかったから、彼と偶然出会えてよかった☆

でもこの後は、この形で日焼けしちゃったらどうしよう(>_<)??」とヒヤヒヤもんで、ひたすら日光を避けてました。


宿に帰って管理人さんに話してみたら、彼は村でも有名なアウトローらしい(笑)
ま、そんな感じは十分してたけど(^_^;)

何やら「村の空気がイヤだ」とか言ってあそこで一人で昔ながらの生活をしてる割には、週末になると村のディスコに出没するらしい(笑)
服着てる彼なんてヤダ(笑)

でも観光地化してる村が嫌いな彼が、こんなド観光客の私たちの相手をしてくれたんだから、やっぱりいい人だったんだな。

そういえば彼は私たちの相手をしてる間ずっと、10秒に1回くらい周りを気にしてた。
きっと地元の人に見つかって「あいつ観光客の相手してたぜ」とか言われるのを恐れてたのかな(笑)?

そんな村八分な彼との思い出♪




そして3泊4日の充実したイースターは終了☆


ここで知り合った人たちともさようなら。



ラン航空、めっちゃカッコイイ!!
Posted by なおこ
comment:2   trackback:0
[チリ
イースター島 海編
イースター島って海が綺麗なイメージ全然なかったんだけど、モアイと同じくらい海がステキな島です。


写真では全然収められなかったけど、水平線が180°以上まーるく広がってて、「あー地球って丸いんだ!」って素直に感じられた。
あんな景色ってなかなかないと思う。


他にも

洞窟とコラボした荒々しい海があったり



地元の人や観光客が思い思いに過ごすリゾートちっくなビーチもあったり。



子どもたちがキャッキャ遊んでたり。
この子たち相当かわいかった☆



ごきげん井上さん♪




最後に間違い探し。

何かおかしいところが一箇所あります。
それはどこでしょう??

正解は次回!
Posted by なおこ
comment:2   trackback:0
[チリ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。