2月から半年くらいで世界一周してきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なおこ
 
[スポンサー広告
いよいよ

今から帰りまーす( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
Posted by なおこ
comment:8   trackback:1
[タイ
タオ島でダイビング
このままじゃ帰国してからもブログ書き続けなきゃいけないな~なんて思っていたら「お前が帰国したら誰もブログなんて見ねーぞ」というごもっともなお言葉を上司から頂いたため(笑)、ペース上げて溜まった分を書いていこうかと思います(^_^;)


観光もせず、ゴロゴロしすぎた私たちもついに、快適マンションでのだらだら生活に終止符を打ち、次の目的地に向かうことにしました。
井上氏はカンボジアに行きたいけど私は行ったことあるし、私は南の島でダイビングしたいけど井上氏は魚が苦手。
どーしたもんか。
と話し合ったところ、5日間ほど別ルートにすることに決定!
1日別行動とかはあったけど、5日間も別々に旅するのはこの旅初です。
少しの不安はあるもののとりあえず決行。


私はいろいろ調べてタイ南部のタオ島というところで人生初のダイビングをすることにしました。
プーケットとかサムイ島とかより小さくて落ち着いてて、魚もたくさんいるという噂。
夜行バスとボートを乗り継いで11時間ほどで到着。



うーん、青い青い♪

何だかのんびりしたところ。

ビーチにもあんまり人がいない。

でも私が行ったときは曇り空が多くて、ピカーンと晴れることはあんまりなかったのが残念(>_<)
天気が良かったらもっと青かったんだと思う。


タオ島には安い宿があんまりなくて、水シャワーでも400バーツ(1050円くらい)。
しかもいつもなら2人で割るから半額なのに、今回は1人だから全額。
高いよ~(´Д` )1人旅の人って大変ね。
改めて2人でよかった☆

でも南国っぽくていい感じの宿。

宿のレストランの雰囲気も◎でした。


さてさて、メインのダイビング。
今回の別行動は3泊5日の予定。
3日あればダイビングのライセンスを取れるコースも日本の半額くらいで受講できるんだけど、何せやったことないから好きかどうかもわからないし…ってことでとりあえずおとなしく体験ダイビングをすることにしました。

今回お世話になったのは、ブッダビューダイブリゾートというダイビングショップ。
外国人インストラクターの他に日本人のインストラクターもたくさんいるので安心です。
ウェアなどのサイズを確認したら

軽トラの荷台に乗り込んで港へ出発!
いきなり海なんだ!?プールで練習とかないんだ!?と驚きつつもワクワク。

船の上で必要な操作の説明を受けたら、機材を身につけて早速海にドボンっ。(この写真はほんとは船に上がるところだけどね)

浅めのところに移動して、まずは絶対必要な基本動作を練習。
酸素ボンベが口から外れてしまったときの対処法と、マスクに水が入ってしまったとき(もしくは曇りを取るためにわざと水を入れるとき)の対処法。
この2つだけなんだけど、「ダイビングって体験だけでも大変だぁ~」とちょっと思ってしまいました。


でも!
海の中に潜っていったら色とりどりの魚とサンゴがいっぱいで本当にたのしい♪♪
透明さで言ったら沖縄の阿嘉島やカンクンの方が上だったかもしれないけど、今まではシュノーケル、今回はダイビング!
見える景色が全然違いました♪( ´▽`)

チョウチョウウオ、ハタタテダイ、バラクーダ…と、ダイビング初心者の私には聞き慣れない魚たちのほか、タツノオトシゴやハリセンボン、クマノミなどなど…
それからアジ玉と呼ばれる

コレっ!(写真はインストラクターの方のFB写真からお借りしてます)
アジの大群の中に泳いで突っ込んで行って群れを散らすっていう遊びをやったり☆


何かね、ダイビングでは、
息を吸って吸って吸って体内の空気を多くすると浮いて、反対に息を吐いて吐いて吐いて体内の空気を減らすと沈む。
さらに呼吸をコントロールして浮きも沈みもしない状態のことを中性浮力というそうなんですが、私はこれが上手だって言われたよー!
しかもしかも、初めてなのにキレイな流線型で泳げてスゴイって!!
センスあるってさーーー☆
フォフォフォフォフォ( ´ ▽ ` )
まあね、インストラクターの仕事は褒めることだとわかってますけどね。
でも自分でも思ったよりうまくできた気がするよ!


ずいぶん楽しかったので別の日にもう一回やることに。
2回目は半額という嬉しいサービスもあり、約8000円で2日間、計4ダイブできました☆
2日目は1日目よりも深く15mくらいまで潜れて、まさに竜宮城の景色を見ることができたよ!


ダイビングのあとは

他の日本人の受講者の方やインストラクターの方とごはん食べに行ったり。

外国人ダイバーだらけのバーに行ってみたり。

2日間教えていただいた先生と。
お世話になりました☆


ダイビングが面白いって今回わかったので、次回はライセンスとってみようかな~
またいろんなところで潜ってみたいです。


井上氏もアンコールワットを満喫したようで、お互い充実した5日間の別行動が終了。
よかったよかった。
次回はラオス☆
Posted by なおこ
comment:3   trackback:0
[タイ
バンコク生活 〈庶民編〉
さきほど職場の仲間に電話したところ、職場の皆様から「ブログ更新しろよ」と圧力がかかりましたので、サボってないで更新しようと思います(笑)


バンコク生活ラグジュアリー編と庶民編に分けてみましたが、過去に一度バンコクにきたことがある私たちは特に行くところもなく、やることと言ったら洗濯、ネットサーフィン、ただゴロゴロ、お腹空いたら屋台でごはん…って感じです(^_^;)
なのでとりあえず食事の写真だけ載せておきまーす。


道端の屋台。何の水使ってるのか?とかもう気にならなくなった。


地元の方々でいっぱい。


夜の屋台。


こういうシンプルな麺が1番好き。
これ一杯30バーツ、日本円で約80円。安い!


ごはんプラスおかずを何種類も選べるお惣菜屋さん。
こちら35バーツ、約90円。


このランブータンっていうフルーツが大好き☆
イガイガの皮を剥くと中には白くてサッパリした実が入ってる。ライチみたいだけどライチより癖が少なくてちょっとびわっぽい(?)感じ。
日本では高級スーパーとか行かないとないよね。
でもバンコクでは1kg20バーツ、約50円!!!
バクバク食べてます。


タイの食事は本当に美味しい。
しかもインドを終えて気が抜けたのか、今までは口にしなかったペットボトル以外の水や氷もバカバカ食べてるから選択肢も広がってたのしい♪
それでもお腹壊さないし。
ここバンコクでお世話になってる渡辺さんは、バンコクに住み始めて半年くらい経つのに未だに屋台で食べたことがないそうです。もったいない(´Д` )
どうにか屋台デビューさせようと計画中…


最後に自炊第2弾!

メニューは海老とブロッコリーのクリームスパゲッティ、トマトとベビーリーフのバルサミコサラダ☆


今回は誰もお腹壊しませんでした( ´ ▽ ` )ノ めでたし☆
Posted by なおこ
comment:4   trackback:0
[タイ
バンコク生活 〈ラグジュアリー編♪〉
いよいよタイまでやってきました☆

そして、昔の同僚を訪ねる旅第2弾!


昔一緒の会社で働いてた渡辺さんという方が今はバンコクのホテルで働いていて、連絡したところお家に泊まらせてくれることになりました。
しかもバンコクに滞在中ずっといていいよ、というありがたいお言葉☆


しかも!!しかも!!
空港からそのマンションまでの車を手配してくれるという!
空港の到着ゲートを出たら、いました!マンダリンオリエンタルの制服を来たミーティングスタッフ。
ご丁寧に挨拶されて車までエスコートしていただく。
そして用意されてたのはなんと!
BMW 7シリーズ((((;゚Д゚)))))))!!
マンダリンのロゴ付き。

仕事ではお客様のためにBMWやロールスロイスを手配してたけど、自分で乗るのは初めてです。
しかもお金が大きな紙幣しかなく、てかその前に渡すタイミングも掴めず、ミーティングスタッフやドライバーにスマートにチップなんて渡せないダメダメ庶民っぷりでした。


そして到着した渡辺家は、60何階立ての超高層ビル!
50階から上はホテルになっているセレブマンション。

ベランダからの絶景。

最上階はホテルのバーになっています。(写真見づらいと思いますが…)
オープンエアでバンコクの夜景を楽しめるラグジュアリーな空間☆
はぁ~うちら2人だけの旅だったら絶対に縁のない世界です…


余談ですがこの到着の日、お世話になる感謝の気持ちとして夜ごはんを作ろう!と意気込んで料理しました。
広々キッチン♪

力作!豚汁と野菜炒め。

そしてこのあと3人ともお腹壊した(^_^;)
どうやら冷蔵庫に残っていた味噌が原因のようです…
新品のとは色が全然違ってたらしい。
味噌って痛むものですかねぇ?
とはいえ、よかれと思って作った夕食で渡辺さんの貴重な休日を潰してしまった私たちです(^_^;)
すみませんでした。汗


気を取り直してセレブ生活のつづき。
別の日には、渡辺さんが働いているマンダリンオリエンタルバンコクにも遊びに行き、忙しい合間をぬってホテルを案内してもらうことができました。
知ってる人もいるかと思いますが、ここは中山美穂主演の映画『サヨナライツカ』の舞台になったホテル。

素敵なロビー。

ミポリンが住んでた部屋、サマーセットモームスイート。

実際はツインの部屋でした。映画では内装の撮影のときは他のスイートを使用してたそうです。

このラウンジも映画に映ってたね。

完全に浮かれた私たちは贅沢にもここでアフタヌーンティー♪たまにはいいよね。


他にも

高級ショッピングセンターに行ったり


ニューハーフショーに行って


さらにディープな夜の街に連れて行ってもらったり


海鮮三昧の豪華ディナーをごちそうになったり


さらに大人~なジャズバーにはしごしてワインに酔いしれたり…


この旅どうしちゃったのっ!?ってくらいセレブなラグジュアリーな日々を過ごさせていただいております。

ちゃんとバックパッカーらしい庶民派生活も送ってるので、それはまた次回☆
Posted by なおこ
comment:2   trackback:0
[タイ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。