2月から半年くらいで世界一周してきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なおこ
 
[スポンサー広告
ムーミンワールド♪
フィンランドといえばムーミン☆

ムーミンの原作もアニメも特に見たことないけど、楽しそうだから行ってきた!
ヘルシンキから電車と徒歩とバスで4時間くらいのナーンタリってところにムーミンワールドはあります。


ナーンタリの市内からムーミントレインが出ている(らしい)。見かけなかったけどな。


いよいよ入場!
警官役の女の子がピースしてくれてる。
「カワイイ」って言葉もわかってた。
日本人が多いんだろうね。


中にはムーミンの世界を再現したいろんな建物があります。

まずメインのムーミンハウス(と警官役)


こちらはムーミン一家のダイニングルーム。
他にも寝室とかパパの書斎とかムーミンの部屋とかいろいろ…
細部までこだわってます。


ムーミンハウスの前にはママとフローレン(だっけ?)がいたー!!


ママと2ショット☆


ミイもいたよ!
ミイを前に照れる女の子たち。かわいいな~


スナフキンのテントもあったけど、残念ながらこのときは不在。


でもそのあと会えた!ずいぶんイメージ違うけど(笑)


誰かさん。


フライパン野郎(って呼んでたけど本名知らず)


魔女。彼女が一番役になりきってた。

他にも赤い服のひょろっとした人とか(誰?笑)いたよ。




ムーミンワールドにはやはり家族連れが多く、ここでもピクニックみたいに芝生に座ってのんびり過ごしてる人がいっぱいいた。


敷地内に海水浴場もあって大にぎわい。
水はきれいではなかった気がするけど、夏が短いフィンランドの人たちにとってはそんなことはどーでもいいのかも。


劇場では1時間に一回ムーミンたちのショーも観れます。
最初に観た回はあまりに破天荒な内容で理解に苦しんだ(笑)
でも最後帰り際に観たのは、ちゃんとストーリー仕立てになっててわかりやすかった。


ショーもそうだけど、ムーミンワールドは全体的にゆるいです、とっても。
作りとしてはディズニーランドのトゥーンタウンみたいな感じなんだけど、意気込みが全く違う。非常にゆるい…(笑)
でもそこがフィンランドらしいというか、ムーミンらしい感じで微笑ましいテーマパークでした♪


私はムーミン全然知らないけど、ムーミンの世界がわかってたらもっと楽しめるだろうな。
原作はアニメとは違ってもっと暗めの大人な感じらしいので、帰ったら読んでみたいと思います。



は~今日も暑かった。頑張ってヘルシンキまで帰ります。
スポンサーサイト
Posted by なおこ
comment:5   trackback:0
[フィンランド
幸福の国
初めての北欧、フィンランドに上陸です。

飛行機のボーディングパスも何かオシャレだぞ!?


北欧といえば、家具、雑貨、デザイン、建築etc...オシャレで洗練されてるイメージ。
みんなよく北欧行きたいっていうけど、私のとってはそのオシャレさ、洗練さが逆に面白みに欠けそうでそこまで行きたい!って国ではなかった。

んだけどもーーー

フィンランドとってもいいです☆
何ていうか、着いたときから感じる人々に漂う余裕!
フィンランドは国民の幸福度が世界第2位らしいんだけど、「なるほどね~そうでしょうね~」って感じるくらい皆セカセカ、ガツガツ、ギスギスしてない。
全体的にスマートなほんわかさが漂っているのです!(分かるかな?)

例えばトルコやチリの人の良さがフレンドリーさNo.1だとすると、フィンランドの人たちは心の広さNo.1って感じ。
押し付けがましくなく、しゃしゃってくるわけでもなく、温かく見守って必要なときに手を差し伸べてくれるような。
初めての経験です。

それにみんながみんな英語しゃべれることにも驚き!
小学校低学年の子やこのおばちゃんはさすがに無理だろうと思う人でもペラペラ。
アルゼンチンなんて入国審査の係員ですら全く英語しゃべれなかったのに!
さすが教育と福祉に力入れてる国☆

そんなフィンランドの国事情(なぜみんな幸せなのか!?)は井上氏のブログで詳しく説明されてるので参照してください。
http://udundo.blog136.fc2.com/blog-category-25.html
日本もフィンランドのようになればいい!


物価も高いと聞いてたけど、フィンランドは北欧の中ではまだ安いらしく東京くらいだし(むしろ宿はローマの方がずっと高い)、言葉で困ることもないし、みんな優しいし、旅をしやすい国だと思った。
てかフィンランドなら住める!夏だけだったら。


でもまあね、こんなに褒めたけど観光名所は特にあるわけじゃなく…(^_^;)

かもめ食堂の舞台のカフェとか(映画見てないけど)


これまた映画に出てきた本屋さん、アカデミア書店(わりと普通)


大聖堂を素通り。


雑貨屋とか。


公園ではみんな水着で日焼けに励んでる。
17時頃にもなるともっと集まって来て、友達とか家族とかで芝生の上でワイワイ楽しそうに過ごしてる。
微笑ましい~。うらやましい過ごし方☆

あ、そうそう。今は白夜だから真夜中になっても日が沈まないんです。

これは24時の写真。暗くならない。朝4時にもなると太陽サンサン。
だからみんなわりと遅くまで外で楽しんでるんだよね。


あとはフィンランドと言えばサウナ!
ここが発祥なんだって。
どこかいいとこないかな~と探してたら、なんとヘルシンキの街中に裸で泳ぐプールがあるらしい!(もちろん男女別ね!)
そこにサウナも併設されてるからちょうどいい!おもしろそー!と興味津々で向かったのに、10月までクローズという悲しい事実。
結局宿の近くにある公共プール&サウナに向かったんだけど、そこも地元感溢れてて楽しかった!
外国人は人前で裸になることに抵抗あると思ってたら、フィンランド人は全くなし。
みんな隠すこともなく真っ裸で逆に戸惑った(笑)
サウナで熱々になったところで水着に着替えてプールへ。(ここはプールが男女共同だから水着着用)
なんとこのプールが屋外でこの日は超寒かったから絶対無理!!って思ったけど、意外と温水になってて気持ちよかった。
で、また水着脱いでサウナ…の繰り返し。
楽しくて結局2時間くらいいたなー。
でもいちいち着替えるのがめんどくさかったから裸プールは非常に合理的だと思った。
今度は裸プールにチャレンジしたいな~

ちなみにフィンランド人の3人に1人が家にサウナを持っているらしい。
イコール一家に一台あるっていう計算。
しかも会社にもあってサウナで会議したりするらしい!
サウナバーとかもあったよ。
スゴイ…


ヘルシンキはこんな感じ。次回はムーミンワールド!!
Posted by なおこ
comment:3   trackback:0
[フィンランド
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。